ホーム > 労働問題

労働問題

労働問題に関するお困りはありませんか?

労働問題に関するお困りはありませんか?

労働問題というと、従業員側が主体と思われがちですが、経営者にとっても精神的な負担が大きいものです。
対応を間違えると大きな問題に発展してしまうのが労働問題ですから、早期に弁護士にまかせて、早期に適切な収拾を図ることが大切です。

労働問題で多いトラブル

  • 就業規則のトラブル
  • 未払い残業代請求のトラブル
  • 退職解雇のトラブル
  • セクハラ・パワハラのトラブル
  • 労働基準監督署からの是正勧告についてのトラブル
など

就業規則に関するトラブル

解雇や未払い残業代請求に関するトラブル、パワハラ・セクハラなど、労務問題のトラブルで従業員から訴えられるケースが増えています。
従業員に訴えられると、どうしても対応が後手に回って問題が大きくなりがちです。
こうした会社と従業員間のトラブルは、事前にチェックすることにより未然に防ぐことが可能です。
たとえば、就業規則や社内規定を見直して機能させておけば、万一、トラブルが発生したときに会社を守るということで役に立つことになります。
当事務所では、経営者側の立場になって労働問題のトラブルの解決にあたります。
一度、弁護士に相談して就業規則の変更や見直しをおすすめします。

未払い残業代請求に関するトラブル

未払い残業代請求に関するトラブル

退職した従業員が未払い残業代を請求する場合、まず、その請求が正当なものであるかを検討し、従業員の残業時間が正しいかを検討しなければなりません。
また残業代は2年で時効になるため、注意が必要です。そして、ある程度の金額を支払うのか、支払いを拒否するのか、相手との交渉になれば交渉の戦略を立てることになり、専門的な判断が求められます。

解雇に関するトラブル

中小企業からの相談が多いのが、従業員の解雇をめぐるトラブルです。
解雇された従業員が、解雇をめぐって労働審判の申し立てや訴訟を起こし、労働基準監督署から是正勧告や指導をされるなど、時間と手間がかかります。
従業員を解雇するときは、法的に慎重におこなうとともに、事前の十分な法的知識が必要です。解雇するにあたって法的な問題がないか、また、後に解雇された従業員が裁判を起こした場合のリスクも踏まえてアドバイスします。