ホーム > 事業承継

事業承継

事業承継にまつわるトラブルを回避しましょう

事業承継にまつわるトラブルを回避しましょう

オーナー社長のおられる企業の場合、相続問題がそのまま会社の後継者問題に直結します。
遺産をすべて会社の資産にしていた場合、会社は分割できませんから、たとえばご兄弟の間などで経営権と財産権をめぐる争いが起こってしまいます。
これへの対策としては、まず財産を調査して全体的な評価をおこない、相続人に応じた取得割合を計算します。
会社の資産状況や相続人の数、債務の有無によって変わりますが、どうすれば丸くおさまるかを一緒に考え、法律のプロとしてのアドバイスをおこないます。
もちろんトラブルになってしまったとしても、調停・訴訟のサポートをおこないます。

事業承継の方法

中小企業の場合、オーナーのお子さまなど親族が会社を引き継ぐケースが多く、「誰に」「いつ」「どんな方法」で、事業承継するかを慎重に考えて経営者の引き継ぎを検討しなければなりません。

  • 親族に承継する
  • 従業員などに承継する
  • M&Aで承継する

承継にはこれらの方法がありますが、そこには後継者選びだけではなく、資金調達や株式、債務の問題、相続対策などのさまざまな法律問題が関わってきます。
当事務所におまかせいただければ、事業承継がスムーズにできるように事業承継をサポートします。