所長ブログ

2014年10月29日 水曜日

労働問題の芽は出ていませんか

近年、セクハラやパワハラなどの職場内や職場外での問題、従業員を解雇せざるを得ない状況になる問題、従業員側から訴訟提起されるような問題などが多くなっています。
また、会社側の対応が悪いために、労働基準監督署から監督是正を求められることも少なくありません。

当事務所では、さまざまな労働問題について、専門的に判断し、問題が大きくならないように対応し、解決しています。
労働問題は小さいうちに状況を正しく把握し、適切な対応を早期に行うことが大切です。
対応が遅れ、誠意をもって対応しない場合には、大問題に発展する危険性があります。

東大阪、大阪にお住まいで、従業員から多少なりとも文句が出ていたり、よくない状況に陥ったりすることを懸念されている方は、一度当事務所にご相談ください。
早期解決を図ります。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年10月27日 月曜日

法人破産のご相談は当事務所におまかせください

多くのメディアで、かつて数多くのグループ会社を擁した大手小売業A社が大型モールを数多く展開していることで知られるB社の完全子会社化されることが決定し、それに伴い、数年後にはA社の看板が消滅すると報道されていたことは記憶に新しいかと思います。

A社が会社破産をせず完全子会社化された理由は、A社が会社破産することにより我が国の失業率が大幅に高くなることを懸念したためであると言えます。

A社の場合は、子会社化することにより看板は消滅しますが、事業は継続された状態となりますが、多くの中小企業は会社破産を余儀なくされ、完全に消滅する場合が殆どです。

当事務所は、東大阪を中心に生駒や大阪全域で会社破産及び企業法務を中心としたサポート業務を行っており、特に会社破産のご相談を得意分野としております。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年10月21日 火曜日

経営が破綻しそうなときに必要なこと

経営が破綻したときは、何から着手したらよいかご存知の方はなかなかいらっしゃいません。
会社をたたむと判断した場合は、できるだけ早く行動することが大切です。
もたもたしている内に、情報が取引先などに洩れて、債権者が押し寄せることにもなりかねません。

当事務所では、会社の債務整理をサポートしています。
経営が難しくなった場合には、躊躇せず、できるだけ早くご相談ください。
早い段階であれば、任意整理や民事再生などを選択することもできます。

売掛や買掛をどうするか、従業員の給与や退職金をどうするか、取引先への対応はどうするかなど、会社をたたむ場合には、多くの問題を解決する必要があります。

東大阪、大阪にお住まいで、経営が破綻してしまうと懸念されている方は、お早めに当事務所にご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年10月15日 水曜日

企業法務、会社破綻のことならお任せください

当事務所は、法律のプロの立場から企業法務のサポートを的確に行い、多くの経営者の方が抱える会社の問題やトラブルを速やかに解決していきます。

企業法務のメニューは、顧問契約、契約書関係、労働問題、不動産関係、債権回収、コンプライアンス、事業継承を取り扱っています。

中小企業の場合、幅広い会社経営に関する問題に限られた人員で取り組み、解決しなければなりません。
万が一のトラブル時に一人で経営者が判断するのは不可能です。
トラブルに巻き込まれた時、相談に来られる方が多いのですが、問題が起こった時には的確な判断と迅速な対応が求められます。
当事務所は、東大阪市に開業し、地元経営者のために経験豊富な弁護士と他の専門家が連携し、協力体制のもとで総合的な相談に経営者の立場になり親切丁寧に対応します。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年10月 6日 月曜日

顧問弁護士はお持ちでしょうか

経営が順調で成長し続けていても、突然足をすくわれることがあります。
大企業であれば、社内に法務部もありますが、会社規模の大きくないところでは、法務について熟知した方はなかなかいらっしゃいません。

法的な問題が発生した場合、特に中小企業においては、対策や解決が後手に回ってしまいがちです。
また、契約書に判を押す場合にも、内容を精査して判を押している経営者は少ないため、不利益をこうむる危険性もあります。

当事務所では、法的知識と実績をもって、新規取引時の契約内容などについてリスクを早期発見し、交渉することが可能です。
また、従業員や取引先とのトラブルにも的確な対応ができます。

東大阪、大阪にお住まいで、顧問弁護士をお持ちでない方、現状何らかのトラブルをお抱えの方は、一度当事務所にご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL