所長ブログ

2014年8月27日 水曜日

会社の問題やトラブルを迅速に解決します

当事務所ではこれまで数多くの企業様のトラブルや、ご相談を解決してきた豊富な経験と実績がございます。
また、内容によっては司法書士や税理士、公認会計士などの専門家との協力体制も整っておりますので、何かお困りであれば当事務所にご相談ください。

誰でもトラブルはできれば避けたいものですが、企業においては様々な問題やトラブルが多く発生するものです。
特に中小企業の場合には、経営者様が一人で解決していることも多く、判断に悩まされているのではないでしょうか。
当事務所ではこれまでの豊富な経験を活かし、トラブルを的確な判断で迅速に解決するお手伝いをさせていただきます。

東大阪市で企業法務や会社破産でお悩みがあれば、当事務所までご相談ください。
親身になって解決に向けてのお手伝いをさせていただきます。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年8月25日 月曜日

会社破産をお考えの場合は早期にご相談を

会社の破産手続きをしなくてはいけないのは、債権者から破産が申し立てられた場合や債権者との話し合いに応じないような場合が多いと言えます。
破産すると債務が免除されるため、以降の請求や督促はなくなりますが、仕入先や銀行などからの信用を失うため、再び会社を起こすことは難しくなります。

当事務所では、会社破産をお考えの方をさまざまな面からサポートしています。
破産に関するご心配や手続きなどのご相談を承っています。
また、お話しの内容によっては、任意整理や民事再生の利用をおすすめする場合もあります。

東大阪、大阪近辺にお住まいで、事業が立ち行かなくなっている方、会社破産をお考えの方は、当事務所にどのようなことでもご相談ください。
なるべく早い段階でご相談いただくことで、最善の方法をアドバイスいたします。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年8月19日 火曜日

会社破産についてのご相談は当事務所へ

会社更生法という言葉を新聞やニュースで見聞きされたことのある方も多いかと思います。

会社更生法は、倒産の危機に瀕しているものの再建の見込みがあると判断された場合に裁判所により事業を継続しつつ再建の努力を行うことができる法律であり、いわば会社再建を前提とした法律であると言えます。

一方、会社破産は会社を清算する即ち会社が消滅することを指します。
債権者に一円でも多く返済するためにも動産回収などを行いますが、すべての動産が回収されるわけではなく、生活に支障をきたす物品は回収対象外とされます。

当事務所では、会社破産という結果にならないためにも早めにご相談されることを強くお勧めいたします。
当事務所は東大阪市をメインに生駒方面など幅広いエリアの経営者様のご相談を承らせていただいております。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年8月14日 木曜日

会社の継続経営が難しくなったときは

会社の継続経営が難しい状態になった場合、会社を存続していく手段として、民事再生や会社更生といった方法を取ることができます。
しかし、どうしても存続させることのできない場合には、会社破産という選択肢もあります。

当事務所ではご相談者の会社の状況を判断し、任意整理や民事再生、会社更生、会社破産をお考えの方をサポートしています。
例えば会社破産を選択した場合には、債権者平等の原則によって、特定の債権者だけに返済をすることはできません。
また、急いで財産の名義変更などをする場合にも注意が必要です。
誤って名義変更した場合には罰せられます。
当事務所では、法人破産する上でのご相談も承っています。

東大阪、大阪にお住まいで、会社を継続して経営できないなどの状況にある方は、お早めに当事務所に一度ご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年8月 7日 木曜日

誠実な弁護士がお力になります

企業法務、会社破産についてのご相談は、東大阪にある経験豊富な弁護士が在籍している当事務所をご利用ください。

企業法務に精通しているので、会社の問題やトラブルを短期間で解決へと導きます。
中小企業の場合は人数も限られているため、トラブルが起こってもすぐに対処ができないケースが多いものです。
経営者様がお一人で判断をすることは難しいと知って初めて、ご相談にお見えになります。

トラブルには、迅速な対応と的確な解決策が必要になります。
知識と実績のあるベテラン弁護士がクライアント様の話を真摯にお聞きし、全力でお力になります。

また、会社破産も早めの対応が大切です。
当事務所では、司法書士や社会保険労務士などの専門家とのネットワークによる総合的なサービスをご提供しております。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL