所長ブログ

2014年3月31日 月曜日

会社破産は早期のご相談を

会社の法人破産は、個人破産より金額の規模が大きく、債権者の数も多いのが特徴で、破産管財人がつきます。
早い段階で弁護士にご相談いただければ事業再生や事業縮小などさまざまな検討事項があるのですが、冷静な判断ができなくなってしまうためか、残念ながらぎりぎりになってのご相談という事例が少なくありません。

債務整理の種類としては、裁判所を介さず債権者と交渉して全額を返済する任意整理、地方裁判所に申し立てて債務を圧縮返済する民事再生、裁判所に申し立てて破産管財人が会社の財産を債権者に配当する法人破産があります。

任意整理と民事再生は会社が存続しますが、法人破産になると会社は消滅し、代表者も個人破産をすることになります。
東大阪方面で法人破産でお悩みの企業様、できるだけ早い段階で当事務所にご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年3月27日 木曜日

東大阪にお住まいの皆様へ

穏やかな春風が心地よい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今年の4月から消費税が上がり、より一層節約に力を入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当事務所は、事業承継や債権回収、会社破産などの企業法務を得意とする弁護士事務所です。
会社の経営や資産の調達など、会社経営に関する問題でお困りの方はいらっしゃいませんか。
万一のトラブルの際、お一人では解決できない問題もあります。

当事務所は、経験豊富な弁護士が、司法書士や土地家屋調査士、公認会計士といった各分野のスペシャリストと連携を図り、迅速かつ的確に総合的なリーガルサービスの提供を行っています。

おひとりで悩まず、ぜひ当事務所へお気軽にご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年3月26日 水曜日

労働問題でお困りの企業様は当事務所へ

多くの中小企業の場合、限られた人員で会社経営の様々な問題を解決することになり、内容によっては経営者様お一人で難しい判断を迫られる場面があるかもしれません。
そんなとき、法律のプロである弁護士がお力になります。

企業法務の問題には、例えば労働問題などもあります。
就業規則や退職解雇、セクハラやパワハラなどのトラブルで従業員から訴えられるケースなどです。
これらのトラブルは、就業規則や社内規定の見直しで未然に防ぐことも可能です。
もしトラブルが起きてしまった場合、対応を間違えると大きな問題に発展してしまうこともあるため、早期に適切な対応が求められます。

法務の問題でお困りの東大阪市や大阪市の企業様、ぜひ当事務所にご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年3月25日 火曜日

企業法務に精通した弁護士をお探しなら

当事務所は、地域の企業さまに根ざした法務の専門家でもあります。
地元企業や、中小企業を法務の面から、サポートさせていただきます。
長年の経験から実績を積み重ねてきました。

取引上の諸問題から、企業内の労働問題、事業承継、コンプライアンスなど、企業法務における様々な問題をサポートします。
各専門家との連携を取り、総合的にサポートいたしますので、安心して私どもにお任せください。

企業として信頼おける専門家を得ることは、戦力にもなります。
守るべきもの、守られるべきものを法律のプロフェッショナルとして的確にアドバイスいたします。

また、法務の顧問を持つことは、企業のコスト削減にもつながります。
どうぞご検討ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL

2014年3月24日 月曜日

東大阪、生駒全域で企業破産をご検討の経営者様へ

できれば企業破産は避けたいものですが、破産を余儀なくされる会社が多いのが現状であり、その背景には昨今の不況や価格競争などが挙げられます。

そこで企業破産について実例をご紹介させていただきたいと思います。
かつてA社という有名な格闘技団体がありました。
A社は昭和30年代創業の老舗として知られ、選手育成に定評がありました。

A社からは多くのスター選手が輩出され、一大ムーブメントを巻き起こす一方で多角経営に乗り出すようになりました。
しかし、バブル崩壊と共に経営が悪化。事業閉鎖や土地の売却を行いましたが、遂に企業破産という最悪な結果で幕を閉じたのです。
A社のケースは企業破産の典型例と言っても過言ではありません。
当事務所は企業法務ならびに会社破産が強みであり、数多くの相談事例や経験がございます。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所 | 記事URL