所長ブログ

2015年10月22日 木曜日

顧問弁護士についてご相談されたい方へ

顧問弁護士と聞いて中小企業や個人事業主には必要がないとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当事務所の見解として、顧問弁護士は企業規模にかかわらず、顧問弁護士契約されることを強くお勧めいたします。

その根拠として、万一契約トラブルなどに巻き込まれた場合、法務部の設置または顧問弁護士が不在の状況で解決することが非常に困難であるためです。
最悪の場合、裁判に発展した場合、より不利な状況に陥ると言っても過言ではありません。

顧問弁護士契約をしていることは言わばリスク管理の一環と言えるのではないでしょうか。

当事務所では東大阪を中心に大阪全域の経営者様のサポートを行い、特に当事務所では企業法務や会社破産を得意分野としていることから多くの経営者様と顧問弁護士契約を行っております。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所