所長ブログ

2015年8月25日 火曜日

企業の法務部として雇用契約を考えませんか。

会社を経営していく中で、雇用契約やさまざまな商取引契約など、契約はとても大事になります。
法律実務に精通した人材を採用するとなると、コストと手間がかかってしまいます。

例えば、取引先とのトラブルなど、会社の経営者や担当者で対応するには、時間とストレスがかなりの負担になってしまいます。

当事務所は、業界事情や業務内容を理解している弁護士が迅速に対応するとことで、適切な契約交渉や紛争解決いたします。

大阪、生駒地域で企業の皆様の企業法務や会社倒産の問題などを、長年の経験と豊富な実績で影の大きな力となり取り組んできました。
トラブルが起きてから相談するのではなく、顧問契約でコストも時間も省くことができるので、本来の仕事に集中することができます。
1度、ご相談下さい。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所