所長ブログ

2015年6月30日 火曜日

コンプライアンス実現は弁護士がお手伝いします

企業法務で重要なのは、トラブルを未然に防ぐことです。
一度トラブルが発生してしまうと、企業の信用に大きく傷がつくことになるからです。

そのためには法的に何が問題になり、どう対処すればよいのかを正確に把握しておかなければなりません。
その範囲は労使関係や商取引関係、税法関係など非常に多岐にわたります。
弁護士は、これらの問題のプロとして、企業のコンプライアンス実現に貢献します。
経営判断にはスピードが求められますが、法的な問題について悩みが生じた場合には、弁護士は迅速に対処し、的確なアドバイスをすることができます。

大阪、生駒エリアで会社経営をしている方で、コンプライアンスについて不安がある方はぜひ当事務所にご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所