所長ブログ

2015年4月22日 水曜日

ぜひ顧問弁護士を持つことをご検討ください

企業法務とは、企業の活動に関わる法律事務のことを言います。
その内容は、会社の設立、開業、契約書の作成、労務、債権回収やコンプライアンスなど多岐にわたります。
これは、企業の事業活動が、すべて法律に則って行われるからです。

そのため、法律のプロである顧問弁護士を持つことで、事業活動がスムーズに行えます。

当事務所は、東大阪を中心に、大阪や生駒などの企業の企業法務全般のご相談を承っております。
数々のお悩みやトラブルをお伺いしていると、顧問弁護士を契約していれば、未然に防ぐことのできるトラブルもたくさんあるということを実感させられます。

まだ顧問弁護士のいない企業様、是非この機会にご検討されることをおすすめいたします。
当事務所でも、安心して事業が営めるようサポート致しますので、お任せください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所