所長ブログ

2014年11月25日 火曜日

会社破産は弁護士にご相談を

リスケジュールをしても返済できず、仕入の支払いもできない状況になり、再建が難しい場合には、会社破産を選択することになります。
すべてをリセットすることで、新たに踏み出すことも可能になります。

破産手続きをする場合には、当事務所にご相談ください。
弁護士が入り、介入通知が債権者に届けば、取立てが止まります。
当事務所が裁判所に破産手続きの申し立てを行います。
財産がある場合には、裁判所が管財人を選任し、財産の有無などを調査します。
財産があれば管財人と面談し、裁判所に債権を提出します。
裁判官と管財人、債務者、弁護士が協議し、免責決定、免責不許可決定が決まります。

東大阪、大阪にお住まいで、会社破産についてお考えの方や不安をお抱えの方は、一度当事務所にご相談ください。
全力でサポートいたします。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所