所長ブログ

2014年11月12日 水曜日

企業法務の多様性と必要性

企業における事業活動に関わる法律上の業務の必要性は、非常に高くなっています。
問題が起こった場合の対応やトラブルを未然に防ぐための対応、企業の価値を高めるための意思決定をサポートすることも企業法務の仕事です。

上場企業の4割は、企業内に法務部を設置していますが、法務部のない企業の場合、弁護士に相談するなどの対応が必要になります。
契約書の作成や不動産業務、ライセンス取得、労働問題、コンプライアンスの策定や管理、事業承継など、法的知識や判断の必要なことは多いものです。

当事務所では、法務で地元の企業のお力になりたいと考えています。
東大阪、大阪近辺にお住まいで、企業法務が必要だとお考えの方、現在トラブルをお抱えの方は、一度当事務所にご相談ください。
お電話やメールでのお問合せも承っています。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所