所長ブログ

2014年10月29日 水曜日

労働問題の芽は出ていませんか

近年、セクハラやパワハラなどの職場内や職場外での問題、従業員を解雇せざるを得ない状況になる問題、従業員側から訴訟提起されるような問題などが多くなっています。
また、会社側の対応が悪いために、労働基準監督署から監督是正を求められることも少なくありません。

当事務所では、さまざまな労働問題について、専門的に判断し、問題が大きくならないように対応し、解決しています。
労働問題は小さいうちに状況を正しく把握し、適切な対応を早期に行うことが大切です。
対応が遅れ、誠意をもって対応しない場合には、大問題に発展する危険性があります。

東大阪、大阪にお住まいで、従業員から多少なりとも文句が出ていたり、よくない状況に陥ったりすることを懸念されている方は、一度当事務所にご相談ください。
早期解決を図ります。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所