所長ブログ

2014年8月19日 火曜日

会社破産についてのご相談は当事務所へ

会社更生法という言葉を新聞やニュースで見聞きされたことのある方も多いかと思います。

会社更生法は、倒産の危機に瀕しているものの再建の見込みがあると判断された場合に裁判所により事業を継続しつつ再建の努力を行うことができる法律であり、いわば会社再建を前提とした法律であると言えます。

一方、会社破産は会社を清算する即ち会社が消滅することを指します。
債権者に一円でも多く返済するためにも動産回収などを行いますが、すべての動産が回収されるわけではなく、生活に支障をきたす物品は回収対象外とされます。

当事務所では、会社破産という結果にならないためにも早めにご相談されることを強くお勧めいたします。
当事務所は東大阪市をメインに生駒方面など幅広いエリアの経営者様のご相談を承らせていただいております。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所