所長ブログ

2014年5月14日 水曜日

コンプライアンス対策の重要性

近年、コンプライアンス問題がニュースになることが度々あります。
偽装問題や賞味期限切れの食品の販売、所得隠し問題や脱税、機密漏えいなどのニュースをご記憶の方もいるでしょう。

国の定めた法令や規則だけでなく、企業が消費者や社員の信用を失わないように倫理をもって経営することが求められています。
企業内においては、コンプライアンス意識を社員が持つように教育するために、システムやマニュアルを構築しています。
対策を怠り、意識が低いと、問題を起こし、廃業の憂き目を見る恐れもあります。

当事務所では、企業法務に基づいて、コンプライアンスのためのシステム構築や不祥事などのリスク予防などについてサポートしています。
東大阪、大阪で組織運営などについてお悩みのある方は、法務のプロである当事務所へご相談ください。

投稿者 弁護士法人東大阪総合法律事務所